データが消えてしまった時の復旧ガイド|情報管理のプロにお任せ

男の人

故障の主な原因

困る男性

データが完全に消失してしまう前には、何らかの予兆が現れるものです。異変に気が付かずに操作を行なうと、復旧作業を行なってもデータが戻ってこない可能性が高くなるので、いつもと違う変化に気付いたら一旦触らないようにしましょう。パソコンの異変の中でも特に顕著なのが、電源が入らなくなる、または焦げたようなにおいがし始めるというものです。電源が入らないのは動作がかなり遅くなっていることなどが考えられます。焦げたにおいはハードディスクなどが劣化により焼き付いている可能性が高く、放置すると事故にもなり兼ねません。早めに対処すれば被害を最小限に留め、データの消失も防げます。いきなりデータが消えてしまうというトラブルも少なくありませんが、異常に気付かずに放置してしまうことも多いので、普段から注意深く動作を確認しておきましょう。

保存しているデータが多い場合などは、情報処理に時間がかかることがあります。パソコンの動作が重くなることで故障を疑う人もいますが、対処しようと何度も強制終了やリセットを行なうと、データの消失に繋がることもあるでしょう。操作ミスによるデータの消失も多いと言えます。ただ単に削除してしまった場合、ゴミ箱フォルダからデータの復旧は行なえますが、場合によっては専門会社の助けが必要になることもあります。復旧作業を行なってくれる専門会社なら、些細なトラブルでもしっかり対応してくれるため、復旧方法などパソコンに関する知識を持つ社員がいない場合も安心です。